物流倉庫用ロボット実用化に向け実験開始 ビーイングホールディングスとオカムラ

ビーイングホールディングス×オカムラ 自律移動ロボット「ORV(Okamura Robot Vehicle)」

 

 物流企業のビーイングホールディングス(東京都千代田区)と物流機器開発製造のオカムラ(横浜市)はこのほど、物流倉庫用ロボット「オカムラロボットビークル(ORV)」のカゴ車搬送タイプの実用化に向けた実証実験を開始した。6月の本格運用を目指している。

 ビーイングホールディングスは倉庫内作業の自動・省力化を目指し、オカムラが開発したORVに注目。大手ドラッグストアの商品を扱う北関東SCMセンター(前橋市)と白山第3センター(石川県白山市)でORVのカゴ車搬送タイプを使った実証実験を始めた。

 ORVは、センサーで周囲の状況を把握し位置推定を行う最新技術を活用した人工知能(AI)搭載ロボット。カゴ車を自動認識して取りに行き、目的地まで障害物を避けながら物を自動搬送する。走行軌道変更の手間や障害物対応に難点のある従来の無人搬送車より大きな自動・省人化効果が期待できる、という。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社