大幸薬品「クレベリン」業務用のデザイン一新 インテリア性高め、1月から順次販売

大幸薬品 「クレベリンpro」シリーズ

 

 大幸薬品(大阪市)は、衛生管理製品「クレベリン」の業務用について、デザインを一新し、1月から順次販売を始めた。

 クレベリンは、大幸薬品の特許技術を使い、二酸化塩素分子によりウイルス除去・除菌・消臭などに効果があるとされる製品。一般用と業務用があり、業務用のデザイン一新にあわせ、名称も「クレベリンpro」シリーズに変更した。

 新デザインは、白を基調としたシンプルなデザインで、一般用と同じく海外でも活動するデザイナー・佐藤オオキ氏のデザインオフィス「nendo」が手掛けた。「クレベリンpro業務用 置き型」や「クレベリンpro業務用 スプレー」など8タイプの製品すべてを変更する。

 新型コロナウイルス感染症を背景に、ウイルス除去などに効果が期待できるとして「クレベリン」の需要が高まっているという。デザイン変更の狙いについて、大幸薬品は「医療・介護施設だけでなく、ホテル、レストラン、教育施設など使用する場所が広がっており、インテリア性を高めた」としている。

 デザイン変更に伴う価格変更はない。オープン価格で法人向けのため購入量によって価格は変動するというが、参考価格(税込み)は50平方メートル用が4400円、スプレーが2200円など。詳細は法人事業の専用サイト(https://www.seirogan.co.jp/business/clo2/products/) 。問い合わせは;大幸薬品感染管理事業部 電話 06-4391-1211 E-Mail:corp_info@seirogan.co.jp

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社