宅配業務拡大で中小物流業者の組合員を募集 ラストワンマイルがオンライン説明会実施

ラストワンマイル協同組合 「ZOOM 事業説明会」

 

 中小の運送会社でつくるラストワンマイル協同組合(東京都府中市)は、新規の組合員となる物流業者を募集し、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」で事業説明会を実施している。

 ラストワンマイルは、大手配送会社の運賃値上げなどを背景に中小業者への荷物配送依頼が増えたことなどから、中小業者向けに共同受注、共同配送することを目的に2018年に設立。今年1月1日現在で38社が加入している。

 コロナ禍でネット通販が拡大し、首都圏や近畿、中部など都市圏で配送需要が増えている。このため、関東圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)と、宮城県、愛知県、兵庫県、福岡県の周辺地域で事業所を置く物流業者を対象に組合員を募集する。

 加入には出資金が必要となる。組合に加入することで、荷物の共同受注や燃料の共同購入、車両購入支援、倉庫利用など協同組合としてのメリットがあるという。中小業者1社ではできない規模の大きな事業参入などもできるとしている。

 ラストワンマイルは、業務拡大により関東圏に加え、昨年10月から大阪府での宅配事業を始めた。2021年1月から兵庫、京都、奈良の各府県にも広げ、3月からは愛知県など中京圏でも事業を展開する計画。取り扱う荷物は、現在の月20万~30万個から3月以降は50万個まで増えると予測している。

 問い合わせ・説明会の申し込みは;ラストワンマイル協同組合事務局 電話042-319-9860 info@lastonemile.org

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社