グランプリはアディダス ジャパンの「速さは、ひとつじゃない。」 「交通広告グランプリ 2020」受賞作品が決定

 ジェイアール東日本企画が主催する「交通広告グランプリ 2020」の受賞作品が発表され、1,527点の審査作品の中から、アディダス ジャパンの「速さは、ひとつじゃない。」が最高賞のグランプリを受賞した。そのほかに、「車両デジタルメディア部門」「駅デジタルメディア部門」「車両メディア部門」「駅メディア部門」「駅サインボード部門」「企画・プロモーション部門」の6部門それぞれから最優秀部門賞1点・優秀作品賞 5点と、JR 東日本賞 1点の計38作品が選ばれた。

 グランプリに輝いたアディダスの広告は、新宿駅構内一角の床・壁を天井から床までを赤色の広告でラッピング。世界中の注目が集まるマラソンシーズンに向けて「速さは、ひとつじゃない。」をメッセージにキャンペーンを展開した。様々な速さを求めるランナーに向けて、速く走るために役立つ100以上のヒントを掲載したり、床面に様々な速さのランナーの走る歩幅を表現したりし、「すべてのランナーが求める速さを実現するサポートしたい」というメッセージを発信した。

 各部門の最優秀部門賞とJR東日本賞は以下の通り。同グランプリのサイトで、受賞作品の動画を公開している。

■車両デジタルメディア部門:サントリーコミュニケーションズ「BOSS/いつも通り、働く。」

■駅デジタルメディア部門:大日本印刷株式会社「クラウチングスタート」

■車両メディア部門:東日本鉄道文化財団 東京ステーションギャラリー「メスキータ」

■駅メディア部門:柏崎市「アツいのは東京だけじゃない」

■駅サインボード部門:株式会社そごう・西武「わたしは、私。2020 ~さ、ひっくり返そう~」

■企画・プロモーション部門:大正製薬株式会社「リポビタン D『ラグビーW 杯日本大会』中づり広告」

■JR東日本賞:スシローグローバルホールディングス「山手線全駅出店プロジェクト」

 「交通広告グランプリ」の原点は、東京近郊の国鉄・私鉄・都電内のポスターから優秀作品を選ぶ「秀作車内ポスター展」で、1956年から開催。その後、相次いでスタートした「国鉄広告展」「新幹線広告展」を段階的に統合し、89年にジェイアール東日本企画主催の「JR東日本ポスターグランプリ」が誕生。2006年には、つくばエクスプレス・りんかい線・ゆりかもめ・JR貨物・しなの鉄道内のポスターも審査対象とし、名称を「交通広告グランプリ」に。2010年に新設されたデジタルメディア部門を2018年に「車両デジタルメディア部門」「駅デジタルメディア部門」に分け、全6部門となっている。

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社