新江ノ島水族館で冬季スペシャルイベント開催 3月7日まで、光や泡で演出「Jewerium」

 

 新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)は、12月1日から2021年3月7日まで冬季スペシャルイベント「Jewerium(ジュエリウム)」を開催している。

 Jeweriumは、宝石(Jewel)と水族館(Aquarium)を組み合わせた合成語で、三つの期間に分け、それぞれ「透明感」「色彩」「輝き」をテーマに展示や演出を展開する。

 vol.1(第1期)の12月1~25日は「透きとおるということ」をテーマに、宝石をイメージした特別水槽で透明感があるミズクラゲを展示。vol.2(12月26日~来年1月31日)は「彩るということ」をテーマに、色彩豊かなウミウシが登場する。Final(2月1日~3月7日)は「輝くということ」がテーマだ。きらめきを感じさせるクリオネの公開というように期間ごとに違う生物を見ることができる。館内の演出やフードなども期間限定で変化するという。

 水族館の入り口にある「湘南お祭り広場」には、期間を通じて海底でのパーティーをイメージした椅子の周囲を光で彩る「泡の小部屋たち」を設置する。対岸の江の島で開催している光と色の祭典「湘南の宝石」とコラボし、江の島の展望灯台(シーキャンドル)から片瀬海岸側にある水族館の「泡の小部屋たち」まで江の島大橋を含めイルミネーションがつながる演出もある。

 水族館のメイン水槽である高さ9メートルの相模湾大水槽では、中央に魚が集まる海藻ツリー「光の宿る木」を設置。泡が舞い上がる気泡の演出なども楽しめるという。

 入館料は税込みで大人2500円、高校生1700円など。Jeweriumの詳細はホームページ;https://www.enosui.com/jewerium/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社