三重県グルメ、行って食べるか取り寄せて食べるか 松阪牛、天むす、伊勢うどん…秋冬のお薦めを紹介

三重県 「行って食べたい!王道 !おすすめ秋冬グルメ 」(松阪牛)

 

 三重県は、秋冬にお薦めの県産グルメについて「三重県の旬な味覚!」として公表している。コロナ禍の中、「Go To キャンペーン」を使って実際に「行って食べる」か、行けない人は「取り寄せで食べる」ことを呼び掛けている。

 名物グルメを「行って食べたい!王道!おすすめ秋冬グルメ」や「取り寄せて食べたい!おすすめローカルフード!」など五つのカテゴリーで紹介する。

 「行って食べたい!王道」では、伊勢えび(伊勢志摩)、松阪牛(松阪市)、的矢かき(志摩市)、忍術鍋(伊賀市)、あのりふぐ(志摩市)と全国的に知られるグルメを中心に取り上げた。

 「行って食べたい!おすすめローカルフード!」では、直径15センチの皮で具を包んだ揚げギョーザ「津ぎょうざ」のほか、てこね寿司(志摩市)、紀北町の郷土料理というマンボウ料理、みそ焼きうどん(亀山市)、天むすの元祖といわれる津市の「天むす/海老天巻き」をリストアップした。

 「行って食べたい!」の番外編として、紀北町の「渡利牡蠣(わたりがき)」などエリア限定で「珍しい&ちょっと贅沢(ぜいたく)」な海産物を紹介している。

 「取り寄せて食べたい!王道!おすすめ秋冬グルメ」では、三重県原産のシャモ「八木戸」と「伊勢赤どり」「名古屋コーチン」を掛け合わせた「熊野地鶏」(熊野市)など。「取り寄せて食べたい!おすすめローカルフード!」は、伊勢うどん(伊勢市)などをピックアップした。

 取り寄せは三重県産品の通販ポータルサイト「オール三重!全力応援サイト『三重のお宝マーケット』」から購入できる。

 ・https://allmie.net/

 サイトでは、三重県の鈴木英敬知事が「新型コロナで県内事業者は売り上げが大幅に減少している。応援をよろしくお願いします」と呼び掛けている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社