高速道路のピンポイント天気をPC、スマホに提供 日本気象協会の無料サービス「ドラキャス」開始

日本気象協会 「ドラキャス ~driving weather forecast~」

 

 一般財団法人 日本気象協会(東京都豊島区)は、11月20日から高速道路のドライブ向けに、気象や道路情報をスマートフォンなどに提供するウェブサイト「ドラキャス~driving weather forecast~」の提供を始めた。利用は無料。

・サービス利用アドレス;https://micos-sc.jwa.or.jp/driving-weather/index.html

 提供する高速道路は中日本高速道路(NEXCO中日本)東京支社が管理する東名、新東名、圏央道などが中心。天気はインターチェンジごとのピンポイントの情報を「現在」「2日以内」「3日以降」に分けて提供している。

 「横からみよう デコボコ天気予報」は、道路を上からの平面ではなく、断面図として表示し、アップダウンを可視化して天気予報を提供することで運転上の注意を促すことができるようになっている。「ルート選択情報」では、渋滞や通行止め、事故などの情報と気象情報を組み合わせて表示することで、最適ルートを判断できるようにした。

 日本気象協会は、日本の大動脈といえる東名高速や新東名高速などは、雨、風に加え、御殿場(静岡県)付近の雪や霧などの気象によるリスクが出やすいことから、スマホやパソコンで情報を提供することにしたという。

 また、気象に関する道路の影響があるかを知らせる「高速道路影響予測」は全国の高速道路の情報を提供している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社