AIが最適な回答を示すチャットボットサービス開始 オルツ、チャットプラス、日本システムウエア

オルツ×チャットプラス×日本システムウエア 「AIチャットボット」運用イメージ

 

 パーソナル人工知能(AI)開発を手掛けるオルツ(東京都港区)と、自動対話システム「チャットボット」を提供するチャットプラス(同千代田区)、ITソリューション提供の日本システムウエア(同渋谷区)は、AIによるチャットボットを組み込んだヘルプデスクサービスの提供を始めた、と発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、さまざまな分野で業務のデジタル化が進む中、コールセンターなど問い合わせ対応のヘルプデスク業務では「3密(三つの密)」が発生しやすい職場環境とされ、対応が求められている。

 AIチャットボットを採用すれば、チャットによる質問に対し、AIが最適な回答候補を表示。チャット担当オペレーターが回答を選択して返信する。このため、対応時間が短縮できるほか、オペレーター教育費の削減など効率化が期待できるという。

 オルツが開発したAI機能を使えば、あらかじめ大量のQ&Aを覚えさせずに、適切な回答を導き出すことができる。Q&Aデータを積み重ねることで、オペレーターを介さず、自動音声で回答することができるようになり、さらに省力化が可能になるという。

 チャットプラスのチャットボットは、有人対応のほか、選択肢型、AIによる自動応答など顧客企業の要望でさまざまな設定が可能だとしており、従来型の電話応答による人間同士の対応とAIチャットボットを併用することで、業務を効率的に進めることが想定されている。サービス担当者は「コールセンターだけでなく、問い合わせ窓口があるあらゆる企業で活用できる」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社