国交省が「第4回JAPANコンストラクション国際賞」を募集 海外建設プロジェクトと中堅・中小の建設企業を審査・表彰

国土交通省 「第4回JAPANコンストラクション国際賞」

 

 国土交通省は、海外で実施した質の高い建設プロジェクトと、海外で実績がある優れた中堅・中小の建設関連企業を表彰する「第4回JAPANコンストラクション国際賞(国土交通大臣表彰)」の2020年度対象企業を募集している。

 募集は「建設プロジェクト部門」と「中堅・中小建設企業部門」。建設プロジェクト部門は、2014年度から2019年度に完工した日本企業が施工などで参加した海外建設プロジェクトが対象。中堅・中小建設企業部門は、海外で建設などの事業活動をしている日本の中堅・中小建設関連企業が対象。募集締め切りは2021年1月29日。募集要項など詳細は、国交省ホームページ内のサイト。

https://www.mlit.go.jp/JCIA/

 建設プロジェクト部門には今回、受賞プロジェクトから1件を選ぶ最優秀賞が創設された。選考は有識者らで構成する「海外インフラ展開に関する表彰についての検討・審査委員会」(委員長=森地茂・政策研究大学院客員教授)が、「質の高いインフラを実現したか」「日本企業の海外におけるプレゼンスの向上に寄与したか」などで評価するという。

 表彰されたプロジェクトについては、国交省の広報事業で紹介するほか、受賞企業は求人活動、営業活動などで活用することができる。

 同国際賞は過去3回実施しており、今年3月に発表された第3回では、「建設プロジェクト部門」にニュージーランドでの高速道路プロジェクトなど3件、「中堅・中小建設企業部門」には高知県と愛知県の企業が選ばれた。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社