「17LIVE(イチナナ)」が「17LIVE 株式会社」へ 新社名・新経営体制でグローバルでのブランディング戦略強化

 ライブ配信プラットフォーム「17LIVE」を運営してきた「株式会社 17 Media Japan」がこのほど、社名を「17LIVE 株式会社」(イチナナライブ カブシキガイシャ、英語表記:17LIVE inc.)と変更したことを発表した。

 グローバルでのブランディング戦略と今後の開発計画の一環。主要事業ブランド「17LIVE」を社名に冠したことで、「17LIVE」がミッションとして掲げる“Empower Artists, Entertain The World.~才能を輝かせ、世界をワクワクさせる~” に取り組む姿勢を強化。資本市場においても、ライブ配信市場でのサービス名を浸透させていくことを狙いとしている。また、これまで世界各国で「17LIVE」の運営を行ってきた「M17 Entertainment Limited.」は、同様にブランド名を冠した「17LIVE inc.」に社名を変更する。

 経営の新体制もスタート。これまでの経営メンバーである小野裕史CEO(最高経営責任者)、佐藤友浩CCO(最高コンテンツ責任者)、横内皇太CMO(最高マーケティング責任者)に加え、新たに COO、CBSO、CBO が就任した。

 Chief Operating Officer(COO/最高執行責任者)には、これまで数々のグローバルブランドや企業において事業の中核を担ってきた竹中重人氏が就任した。また、同社で新たに設けた Chief Brand Strategy Officer(CBSO/最高ブランド戦略責任者)に中島亜希子氏が、さらに同社の中核となる「ライバープロデューサー」部門を統括するChief Business Development Officer(CBO/最高業務責任者)に大淵公晴氏が就任した。

 今回 COO に就任する竹中氏は、Netflix の日本事業立ち上げメンバーとして創成期を支え、事業・コンテンツ戦略の立案を統括、同社の成長を牽引してきた。また、数々のグローバルブランドや企業において事業の立ち上げ やビジネスの確立において経験を積んできている。

 小野裕史CEOは、業界の展望について「ハードウェア、ソフトウェア双方の技術進化により、対人関係はより近く、よりリアルになり、ライブ配信プラットフォームの開発は今後も間違いなくトレンドとなっていくでしょう。2021 年にフォーカスする分野として、テクニカル部門の人材を大幅に増強し、ユーザーエクスペリエンスをさらに重視して行きます。同時に、コンテンツの拡充をさらに図り、グローバルで統一されたブランディング戦略のもと、世界中の人々に楽しんでもらえるエンターテインメントを提供します」とのコメントを寄せている。

 「17LIVE」は、“Empower Artists, Entertain The World.~才能を輝かせ、世界をワクワクさせる~”をミッションに掲げる国内有数のライブ配信プラットフォーム。イチナナライバーには一般ユーザーはもちろん、世界で活躍する俳優、歌手、タレント、モデル等著名人も積極的に参加している。登録者数は現在、世界で4,500万人に上っている。

■「17LIVE」公式 HP

https://17.live/about/jp Twitter: https://twitter.com/17livejp

■Facebook

https://www.facebook.com/17LIVEJP/

■Instagram

https://www.instagram.com/17livejp/

■YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCFf5qroAMTQ6x32YVjOcQBw

■アプリダウンロード(無料)

https://17apps.onelink.me/i7CY/17LivePR

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社