施設全館に抗ウイルス・抗菌加工 コロナ対策を徹底、千葉商科大

千葉商科大学 「学内抗菌作業」

 

 千葉商科大(千葉県市川市)はこのほど、新型コロナウイルス感染予防対策で、キャンパス内のすべての施設に長期間効果が持続する抗ウイルス・抗菌加工を施した、と発表した。

 抗ウイルス・抗菌作用剤「ヘルスブライトエボリューション」を塗布した。約5年間効果が持続するといわれている。塗布した箇所は、教室や研究室、事務局、図書館、体育館、食堂など施設全館計14カ所。施工費は約4300万円。

 ヘルスブライトエボリューションは、空気触媒で作られる天然ミネラル100%の無色透明・無臭の液体。有害物質(揮発性有機化合物)を分解し、消臭や抗菌、防カビ、抗ウイルス、防汚などの効果が期待できるという。間接接触による菌・ウイルスの感染を防ぐ効果が期待できる。外部検査機関の試験で安全性は確認されており、公共施設や病院、学校、鉄道車両などですでに使用されている。

 千葉商科大は「多種多様な対策で学生および教職員の健康と安全を守る。安心した環境づくりを徹底する」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社