コロナ禍の大阪観光の未来は? 阪南大が国際観光学部10周年シンポ

阪南大学 「コロナ禍の今こそ大阪観光の未来を描く!」

 

 阪南大(大阪府松原市)は10月31日から、国際観光学部開設10周年を記念した連続シンポジウム「コロナ禍の今こそ大阪観光の未来を描く!」をオンラインで計3回開催する。参加は無料だ。

 収束が見通せない新型コロナウイルス感染症の観光業界への影響を踏まえ、大阪観光業界の未来を考える。

 第1回は10月31日午後3時から「着地型観光の実践から観光まちづくりを考える」をテーマに開催。「マイクロツーリズム」と呼ばれる近隣・近場の観光振興で成果を上げている、杉本彰・松原市観光協会プロデューサー、高村陽子・あまがさき観光局事業部長、梅田りさ・OSAKA AID実行委員長の3人をパネリストに招き、コロナ後を見据えた新たな観光の展開を探る。

 コーディネーターを森重昌之・阪南大国際観光学部長、司会進行を松村嘉久・阪南大国際観光学部教授が務める。松原市観光協会会長の吉村盛善・松原商工会議所会頭と観光学術学会前会長の橋本和也・京都文教大名誉教授も参加しあいさつする。

 参加希望者は電子メールで阪南大国際観光学部(tourismsym@hannan-u.ac.jp)へ申し込む。定員なし。申込者宛てにオンライン視聴のURLを送付する。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社