11月19、20日に「MPOWER Digital 2020」 マカフィー、情報セキュリティーのオンライン大規模会議

マカフィー 「MPOWER Digital 2020」

 

 サイバーセキュリティー企業のマカフィー(東京都渋谷区)は、情報セキュリティーに関するオンラインカンファレンス「MPOWER Digital 2020」を11月19日(木)、20日(金)に開催する。このほど、参加登録の受け付けを始めた。参加費は無料。

https://www.mcafeempower.jp

 マカフィーは毎年、セキュリティーに関する大規模な会議「MPOWER Cybersecurity Summit」を実施しており、今回が10回目。オンラインでの開催は初だという。

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、在宅勤務が一気に進んだことでサイバー攻撃が増加しているといい、情報セキュリティーの重要度が増している。働き方に関してニューノーマル(新常態)を迎える中、今年のテーマを「ビジネスの未来、新しい働き方を支えるサイバーセキュリティ」として、さまざまな専門家が講演するほか、セキュリティー製品のバーチャル展示も行う。

 米マカフィー(カリフォルニア州)の本社から、プレジデント兼最高経営責任者(CEO)のピーター・リーブ氏らが基調講演を務める。また、特別講演として経済産業省サイバーセキュリティ・情報化審議官の江口純一氏と、納税や選挙投票の電子化など国家的にデジタル化を進めるバルト三国の一つ、エストニアのイルベス元大統領も登壇する。

 参加にあたっては事前登録が必要。企業や官公庁のシステムや、セキュリティー、リスク関連部門の担当者らが対象だ。セキュリティー製品の販売関係者や学生も視聴できる。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社