大阪成蹊大の学生が大阪・島本町のデザイン制作 町政80周年記念ポスターやエコバッグなど

大阪成蹊大 採用されたポスターデザイン

 

 大阪成蹊大(大阪市東淀川区)は、芸術学部造形芸術学科の授業の一環として、大阪府島本町から依頼を受けた町政80周年事業で使用される記念グッズのデザイン制作を課題として取り組み、ポスターなどが採用された。

 島本町からは「島本町のにぎわいづくり」として、「ボトルドウオーター、読書手帳、グッズ」(グループ課題)、「エコバッグ、クリアファイル、ポスター、ブックカバー、しおり」(個人課題)のデザインについて依頼があった。

 大学は2020年前期授業の「プロジェクト演習1・3」で学生40人が取り組んだが、新型コロナウイルスの感染拡大時期と重なったため、SNSなどリモートでコミュニケーションを取りながらの制作になったという。

 作品は町で審査を行い、三つのポスターデザインや島本町の水「いおり」のボトルデザイン、町の業務用封筒、エコバッグ、クリアファイルなどが採用された。ポスターは町内や鉄道の駅などに掲示される予定。ボトルドウオーターは年内に製品化されるという。このほか、町立図書館で使用するブックカバー、読書手帳、しおりも採用された。

 島本町は大阪府北東部に位置し、大阪府高槻市や京都府大山崎町などに隣接し、本年度に町政80周年を迎えた。

 大阪成蹊大は、経営学部、教育学部、芸術学部があり、産学官連携を通じて、地域の自治体などと連携協定を結んでさまざまな取り組みを行っている。

https://univ.osaka-seikei.jp/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

NY円、104円後半

【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク外国為替市場の円相場…

NY円、104円後半

【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク外国為替市場の円相場…

地域

政治・国際

株式会社共同通信社