コロナ禍で困窮する「外国ルーツの人々」の支援活動を応援 三菱財団、中央共同募金会が総額1億円を助成

三菱財団×中央共同募金会 「外国にルーツがある人々への支援活動応援助成」

 

 赤い羽根共同募金の活動などで知られる社会福祉法人 中央共同募金会(東京都千代田区)と、公益財団法人 三菱財団(同)は、新型コロナウイルスの感染拡大で困窮する「外国にルーツがある人々」を支援している団体に資金助成する事業を行い、このほど助成団体が決まった、と発表した。

 助成総額は1億円で、三菱創業150周年記念事業として三菱財団が拠出。国内に在住する外国人らをさまざまな形で支援する活動をしている非営利団体を対象に公募した。

 全国のNPO法人や任意団体、公益財団法人、一般社団法人などから82件の応募があり、審査の結果、55件に総額1億円の助成が決まった(1団体、上限300万円)。

 助成が決まった団体は「コロナ禍で学校が休校し、日本語や日本文化に触れる機会が激減した子どもや若者を支援」「職や住居を失い生活が困窮した外国人・留学生の生活相談や就労支援」「母国の入国制限で帰国困難になった人への住居提供」「日本語に不慣れな外国人に給付金申し込みなどの行政手続きを支援」といった取り組みをしている。

 中央共同募金会と三菱財団は「新型コロナウイルスの感染が拡大する一方、外国にルーツがある人々への支援活動は、これまで焦点が当たってこなかった領域だ。日本に暮らす外国人が年々増えていく中で、こうした人々を支える活動が一層必要になってくるだろう」としている。

 決定団体は以下の通り。

https://www.akaihane.or.jp/wp/wp-content/uploads/9cc6b3a65d9bb86d5f583a2bfa91341e.pdf

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社