コロナ禍の人事戦略・人材マネジメントとは? カオナビが10月15日にオンラインカンファレンス開催

カオナビ オンラインカンファレンス「”個を活かす”マネジメント改革2020 ~組織と人事のDXを知る1日~」

 

 クラウド人材管理システムを提供するカオナビ(東京都港区)は10月15日(木)、経営者らを対象に、新時代の人材マネジメントをテーマにしたオンラインカンファレンス「“個を活(い)かす”マネジメント改革2020~組織と人事のDXを知る1日~」を開催する。

https://www.kaonavi.jp/lp/event_special_2020/

 新型コロナウイルスの感染拡大により、リモートワークの普及をはじめ、仕事に関する時間や場所の制約がなくなるなど、働き方や組織の在り方が大きく変化。コミュニケーションが間接的になり、対面を前提とした従来のマネジメント手法が通用しなくなっている。こうしたことを背景に、企業の経営者、人事担当者などに向けた講演をオンラインで実施する。

 開催は午後2時から。独立研究家で著作家の山口周氏が「“No nomal時代”に変わる『働き方・組織』の本質とは?」と題して基調講演。早稲田大ビジネススクールの入山章栄教授、澤田伸・渋谷区副区長、ニトリホールディングス組織開発室の永島寛之室長、コクヨのワークスタイルイノベーション部・鈴木賢一部長の4氏が第1部(午後3時~4時)、第2部(午後4時~5時)に分かれて、デジタルやテクノロジーを生かした「人事のDX(デジタルトランスフォーメーション)」などについて講演する。進行役(モデレーター)は、カオナビの佐藤寛之副社長。

 参加費は無料で、定員は1000人。応募多数の場合は抽選し、当選者にビデオ会議システムZoom(ズーム)による視聴案内を送る。

 カオナビは、企業の人材情報をクラウド上で一元管理できる人材管理システム「カオナビ」を開発。社員の顔や名前、経験、スキルといった情報を可視化することができる人材データベースを提供している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社