「くまモン」仕様のゲーム開発へ クラブ、中国のゲーム会社と連携

KLab(クラブ) 中国EGLS社と提携

 

 モバイルオンラインゲームの企画・開発・運用を行うクラブ(東京都港区)はこのほど、熊本県のPRキャラクター「くまモン」を使用したモバイルオンラインゲームを、中国の会社EGLS(北京市)と提携して開発する、と発表した。

 クラブは今年、くまモンを使用したゲーム開発に関するグローバルライセンス契約を熊本県やADKエモーションズと締結。海外でも高い認知度を誇るくまモンを活用し、海外での収益拡充を目指している。

 今回の提携では、EGLSがゲームの開発やパブリッシング事業を担当し、クラブはこれまでに蓄積したノウハウを生かした開発協力などを行う、という。

 クラブは「構築してきた知見を生かし、海外事業の拡大を図っていく」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社