8月21日から東京の街にアート作品出現 「大丸有 SDGs ACT5×東京ビエンナーレ2020/2021」開催

東京ビエンナーレ 有楽町会場「フォレストボール」(廣瀬智央氏)

 

 東京の街を舞台に2年に1度開催する国際芸術祭「東京ビエンナーレ」(事務局・東京都千代田区)は、今夏の特別企画として国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向けた活動を推進する「大丸有(だいまるゆう) SDGs ACT5」プロジェクトと共催し「大丸有 SDGs ACT5×東京ビエンナーレ2020/2021」を8月21日(金)から開催する。

 東京ビエンナーレは当初、第1回開催として「東京ビエンナーレ2020」を7月から9月にかけて実施する予定だったが、新型コロナウイルスなどの影響で「東京ビエンナーレ2020/2021」と改め、メイン開催を2021年夏に延期し、今年をプレ期間と位置付けた。

 「大丸有 SDGs ACT5」は、大手町、丸の内、有楽町のまちづくりに携わる団体で、同地区に拠点を置く企業などが連携し、SDGsモデル都市の実現を目指している。

 「大丸有 SDGs ACT5×東京ビエンナーレ2020/2021」は、8月21日(金)から10月25日(日)まで東京丸の内・有楽町エリアの2会場で開催する。主催は「大丸有 SDGs ACT5実行委員会」と三菱地所。共催が一般社団法人東京ビエンナーレ。観覧は無料。

 丸の内会場は、8月21日(金)から8月30日(日)まで、丸ビル外構部にアーティスト栗原良彰氏の巨大彫刻「大きい人」を野外展示する。丸ビル1階には8月21日(金)から9月6日(日)までアーティストHogalee氏がガラス面に女性を描く「Emote-Girl」が登場する。2人は来年の東京ビエンナーレのメイン開催に参加予定で、Hogalee氏の参加作品の女性を描いた壁画は、東京・神田小川町に完成している。

 有楽町会場は、8月21日(金)から10月25日(日)まで新有楽町ビル1階にイタリア・ミラノを拠点に活動する廣瀬智央氏の「フォレストボール」を展示する。

 展示期間中に参加アーティスト3人のインタビュー動画を「東京ビエンナーレ2020/2021」ウェブサイト(http://tb2020.jp)で公開する。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社