“ウィズコロナ時代”の広報とは? 専門家招き9月にオンラインセミナー

文化工房 ライブ配信セミナー「BK PR MTG 2020 伝わる広報が未来を変える」

 

 文化工房(東京都港区)はこのほど、広報担当者向けの無料ライブ配信セミナー「BK PR MTG 2020 伝わる広報が未来を変える」を9月6日(日)に開く、と発表した。全国広報コンクールで最優秀の内閣総理大臣賞を受賞した、元埼玉県三芳町秘書広報室の佐久間智之氏を講師に招いて開催する。

 当日は「伝わる広報が未来を変える」と題して佐久間氏が講演するほか、「これからの広報誌リニューアル戦略」を文化工房広報メディア局チームリーダーの永井伸英氏が説明する。

 講演では、行政広報の先進的取り組みや動画、ウェブサイトを活用した新しい広報展開、文化工房が関わった自治体広報誌のリニューアル事例など最新事例が紹介される予定で、広報担当者が抱える広報PRの課題解決の方策を探る。また住民との良好な関係を築くための広報や、ウィズコロナ時代の広報の在り方なども議論する。

 佐久間氏は「今回のセミナーでは、自治体広報や新型コロナ対策の広報事例を交えながらウィズコロナ時代の広報の在り方について解説します。皆さんの学びにつながれば」と話す。

 開催時間は午後5時から90分程度を予定。参加費は無料だが、事前の申し込みが必要。申し込みは特設サイト(http://prmtg.bun.jp/)から。締め切りは9月3日。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社