避難所に仕切り壁100セット提供 コロナ防止対策、全国道の駅連絡会

全国道の駅連絡会×群馬県建設業協会×全国建設業協同組合連合会 「KAMIKABE」

 

 熊本県などの豪雨災害を受け、全国道の駅連絡会(東京都江東区)は、全国建設業協同組合連合会(東京都中央区)と群馬県建設業協会(前橋市)の協力を得て、体育館などの災害避難所で使う段ボール製の仕切り壁「KAMIKABE」(かみかべ)を、被災地の道の駅を通じて被災自治体に提供する活動を7月15日から始めた。

 提供先は、熊本県の水俣市(17セット)や芦北町(52セット)のほか、福岡県大牟田市(17セット)、鹿児島県垂水市(14セット)。

 提供する「かみかべ」は、群馬県建設業協会が自然災害と感染症の同時対策に備えて今年6月に製品化した段ボール製パーティション。段ボールの厚さは3ミリで、2・1メートル四方、高さ1・5メートルの空間を約20分で作ることが可能。実用性やデザイン性に優れ、避難所・避難生活学会が推奨するスペース基準も満たしている、という。ハンガーやクリップ、照明、扇風機などを付けることもできる。

 避難者の多い避難所で最低限の緊急の私的空間を素早く作ることができ、新型コロナウイルス感染症防止の効果も、一定程度期待できる、としている。

 全国の主要な道路沿いにある「道の駅」は、駐車場やトイレを備え利用者の休憩施設として機能するほか、「防災・復旧拠点」や地域住民にとっての「安心拠点」としての役割も期待されている。全国道の駅連絡会は、全国の道の駅設置自治体らが、情報交換や相互連携などを目的に設置した一般社団法人だ。今回、道の駅の「安心拠点」化を目指す事業の一環として、「かみかべ」の緊急支援を決めた。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社