上智大「ジョン・ニッセル杯」参加者募集 高校生の英語弁論大会、入賞者は授業料減額

 

 上智大(東京都千代田区)は、11月21日に開く高校生の英語弁論大会「ジョン・ニッセル杯」の参加者の募集している。

 ジョン・ニッセル杯は、英語力の向上と将来世界を舞台に活躍する人材の育成を狙いに2011年創設。海外体験の有無や母語に関係なく参加者が平等に競い合うのが特徴だ。英語の正確さより、弁論内容や伝えたい気持ちの強さなど、自分の言葉で聞き手に届ける力があるかを重視して審査する。上位入賞者が上智大に入学した場合は順位に応じて入学年度の授業料相当額を減額する。これまでに1500人を超える高校生が参加している。

 今回は開催10周年を記念し、上智大入学の上位入賞者の授業料相当額を入学年度だけでなく、4年間減額する。1位は授業料相当額全額、2~3位は授業料相当額の半額、4~6位は授業料相当額の3分の1を減額する(毎年度、支給継続審査あり)。

 応募資格は原則、国内の高等学校やインターナショナルスクール・文部科学省の在外教育施設の認定を受けた海外の日本人学校に通う高校生。

 今回の弁論のテーマは「Breaking the Chains that Binds Us」。1次審査は原稿と音声録音、本選はスピーチ(4分以上5分以内)と審査員との英語の質疑応答を審査する。1次審査の応募締め切りは8月24日。10月上旬に1次審査結果を発表し、11月21日に上智大四谷キャンパスで本選を実施する(新型コロナウイルス感染症の状況次第で本選開催形式の変更の可能性あり。最終的な本選形式は7月末に上智大言語教育研究センター公式サイトで公表予定)。

 問い合わせは、上智大全国高校生英語弁論大会係、メールアドレス;nissel-cup@sophia.ac.jp

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社