ツムラが漢方について分かりやすく紹介するサイトを公開 「Hello! TSUMURA バーチャル漢方記念館」

ツムラ 「Hello! TSUMURAバーチャル漢方記念館」

 

 ツムラ(東京都港区)は、漢方の歴史、漢方製剤ができるまでなどを紹介するサイト「Hello! TSUMURA バーチャル漢方記念館」を同社ホームページ内で公開を始めた。

https://www.tsumura.co.jp/hellotsumura/

 ツムラ漢方記念館は、ツムラ茨城工場(茨城県阿見町)の敷地内にあり、漢方・生薬に関する歴史的書物や100種類以上の原料生薬の展示、漢方製剤の製造工程などについて紹介する施設だ。

主に医療関係者向けに公開(7月現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため見学中止)しているが、一般向けにパソコンやスマートフォンなどで疑似体験できるように初公開した。

 バーチャル漢方記念館は、記念館の建物をフロアごとに切り取った形のイラスト画面から、レイアウトごとに「漢方の歴史」「ツムラの歴史」「漢方製剤ができるまで」などを動画やアニメで紹介している。

 2階にある「ツムラと中将姫」コーナーでは、1893(明治26)年創業時から現在も販売されている冷え性などの婦人薬「中将湯(ちゅうじょうとう)」にまつわる物語を紹介。パッケージに描かれている薬草を研究したと伝えられる中将姫が、世話になった家というのが創業者の母方の実家という由来について説明している。

 ツムラは、医療機関で処方される漢方薬(医薬品)を製造販売しており、医療用漢方製剤市場の約83%のシェアがあるという。「漢方は分かりづらいとの印象があるかもしれないが、バーチャル漢方記念館では『漢方製剤がどうやってできるか』などをアニメで簡単に知ることができる」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社