ビュッフェレストランをリニューアル 郷土料理も、アートホテル青森

アートホテル青森 ビュッフェレストラン「アオモリボールドキッチン」

 

 アートホテル青森(青森市)はこのほど、ランチビュッフェレストラン「アオモリボールドキッチン」をリニューアルオープンした。

 ねぶた師に発注した「ねぶた」5体を昨年12月、地上12階吹き抜けのロビーに設置するなどホテル全体の「グランドリニューアル」の一環だ。アオモリボールドキッチンのリニューアルオープンは、新型コロナウルス感染拡大防止のため、延期していた。

 オードブルからデザートまで地元津軽の食材を使った「郷土料理」などの本格和食はもちろん、フレンチやイタリアン、中華のテクニックでアレンジしたオリジナルのビュッフェメニューを多数提供する。

例えば、サラダ各種やマグロのカクテル、冷やし茶そば、豚肉のロースト、タラのポワレ、カモのハンバーグ、長芋のマカロニグラタン、パスタ、天ぷら、クレームブリュレ、ソフトドリンク各種など和・洋・中の料理とフルーツ・スイーツなどをそろえている。ランチの税込価格は大人1650円、65歳以上のシニア1430円、小学生990円、未就学児は無料。

 テーブル席は83席あるが、当面は新型コロナ感染対策のため、最大44席にして適切な身体的距離を保つようにする。さらにレストラン来場者の入場時の体温チェック(37・5度以上は入場制限)や、アルコールでレストラン内の除菌、空気の入れ替え、スタッフのフェースシールドマスク着用、トングの15分おきに交換・消毒など各種感染防止策を徹底するほか、個人盛りを中心とするなど料理の提供方法を工夫したという。

 詳細はアオモリボールドキッチンのホームページ;https://aomori-bold-kitchen.com/

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社