ドローンで撮影した映像を同時中継も NTTドコモ「docomo sky」に新機能を追加

NTTドコモ 「docomo sky ライブ配信アプリ」

 

 NTTドコモ(東京都千代田区)は、小型無人機ドローンで撮影したデータなどをウェブ上で一元管理するドローンプラットフォーム「docomo sky」に、新たな機能を追加し、7月6日から提供を始めた。

https://www.docomosky.jp/

 docomo skyは、業務でドローンを利用する企業や自治体向けに、飛行準備から撮影後のデータ解析、リポート作成まで支援するクラウドサービス。モバイルネットワークに接続することで、複数台の自動飛行や、目視外での遠隔操作、機体情報、撮影画像データの分析など一連の運用を管理する。

 今回追加したサービスは、①高層建造物の静止画を高度や方角ごとに整列させて表示する「バーティカルビューワー」②撮影動画を管理・確認することができる「動画ビューワー」③操縦者がタブレットでドローンをコントロールできる「鉄塔点検アプリ(高層建造物点検用)」④撮影映像を複数の拠点に同時中継できる「ライブ配信アプリ」の4機能。さらにオプションで、人工知能(AI)を活用して鉄塔のさびを検知する「AIサビ検知」も新たに提供する。

 新機能追加にあわせ、料金プランも拡充。基本機能を使える「ライト」(月額8000円、税別)、基本機能にバーティカルビューワー、ライブ配信アプリを利用できる「スタンダード」(月額5万5000円、税別)、利用頻度が多い企業向けに月額33万円(税別)の「エンタープライズ」が選択できるようにしたという。

 新機能についてドコモは「ライブ配信アプリを活用すれば、災害現場など人が立ち入ることが困難なエリアをドローンが撮影し、災害対策本部や避難所など複数の拠点に同時配信して、スマートフォンなどで状況を把握することができる」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社