AIクローンが人間に代わってアンケートに回答 オルツが評価テスト公開、データ提供者の募集も

 

 パーソナル人工知能(AI)を開発しているオルツグループ(オルツ、オルツテクノロジーズ、東京都港区)は、実際の人間に代わってAIクローンが各種アンケートに回答する調査システム「Nultitude(ナルティテュード)」を開発し、評価テストを公開した。

https://nulltitude.ai

 オルツは、人間の思考や個性の特徴をAIによって復元する「オルツ・クローン・モデリング・エンジン」を開発。これによって一人一人の生活や行い、体験などをデジタルデータとして記録(ライフログ)してクラウド上にクローンを作成。そのAIクローンにアンケートを実施すると、元の人間の思考を反映した答えが得られるのが「Nultitude」だ。

 評価テストでは、まず少数のAIクローンの回答が実際のアンケートと結果が一致するかどうかを検証し、次第にAIクローンを増やして精度を高める方法で行う。AIクローンが自律的に人間個人の思考に沿って回答するのが最大の特徴で、オルツによると、AIクローンによるアンケートシステムは世界初だ、としている。

 このシステムを使ってアンケートをすれば、実際に人間に対して行う場合と比べ、コストは最大約100分の1、時間は約4万分の1でできるという。

 オルツは「システムが商用化できる段階になれば、アンケートを気軽に行いたい企業や個人に提供したい」としており、モニターを多く抱える企業などの協力でデータ収集を始めた。個人でもデータ提供する人を募集している。

https://nulltitude.ai/personal-model.html

 データ提供者には、商用化でそのデータがアンケートに使用された場合、アンケートの謝礼が支払われるという。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社