売り込み型商談会を9月に開催 売り手側を募集、大阪商工会議所

大阪商工会議所 「買いまっせ!売れ筋商品発掘市」

 

 大阪商工会議所(大阪市)は9月から開く、売り込み型商談会「買いまっせ!売れ筋商品発掘市」の参加企業を募集している。

 この商談会は、百貨店やスーパーなど「買い手側企業」に、「売り手側企業」が、買ってほしい商品を自ら売り込むタイプのもの。買い手側企業と売り手側企業を一堂に集める形でこれまで開いてきたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から9月以降、複数回に分けて開く形に変更した。買い手側企業が事前に売り手側企業を書類選考し、あらかじめ時間を決めて商談する。

 仁科百貨店(岡山県)を買い手側企業とする商談会を9月24日、丸善ジュンク堂書店(東京都)を買い手側企業とする商談会を9月29日、大西衣料(大阪府)を買い手側企業とする商談会を10月8日にそれぞれ開くことが現在、決まっている。

 仁科百貨店は加工食品や日配食品を求め、丸善ジュンク堂書店は書籍や文具、雑貨、食品を希望。大西衣料は魅力的なアパレルファッションや雑貨を探している。丸善ジュンク堂書店と大西衣料は、新型コロナウイルス感染拡大防止に関連する商材も求めているという。

 商談会への参加費は1社につき、大阪商工会議所会員企業が税込み8000円、それ以外は税込み1万6000円。参加方法などの問い合わせは大阪商工会議所流通・サービス産業部、電話06-6944-6440。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社