プラスチック製のレジ袋を全廃へ 環境に配慮、紀伊國屋書店

紀伊國屋書店 「オリジナルエコバッグ」

 

 紀伊國屋書店(東京都目黒区)はこのほど、プラスチック製買物袋(レジ袋)の使用を国内全店舗で順次終了する、と発表した。

 プラスチック製の買物袋は7月1日から有料化する。価格は税込み2円。在庫がなくなり次第販売を終了する。

 紙製の買物袋も7月1日から有料化(税込み10円)するが、今後も製造し販売は続ける。書籍に掛けるブックカバーは引き続き無料でサービスする。

 紀伊国屋書店は、持続可能な社会発展に寄与するため、環境に配慮する取り組みを続けており、今回の対応もその一つだという。有料化に合わせ、7月1日から税込み2500円以上の購入者に紀伊國屋書店ロゴマークをプリントした「オリジナルエコバッグ」をプレゼントする(数がなくなり次第、終了)。オリジナルエコバッグは商品としても販売。価格は税込み110円。

 また書店に持参する「マイバック」に最適な紀伊國屋書店オリジナルトートバッグ(税込み1100円)の販売も今夏、予定している。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社