オンラインでモニター越しに名刺交換 ビーズの「2bs」、テレワーク中の営業活動にデジタル名刺

ビーズ 「2bs(トゥービス)」

 

 新型コロナウイルスの影響が長期化し、テレワークを導入する企業が増えている。ただ、営業関係の業務は対面による商談ができず、オンラインによる営業活動に苦労も多いとされる。アウトドア製品の企画・開発を手掛けるビーズ(大阪府東大阪市)は、ウェブ商談の際にモニター越しに名刺交換ができる無料のクラウド名刺管理サービス「2bs(トゥービス)」の提供を始めた。

https://www.2bs.jp/

 2bsはパソコンやスマートフォンで名刺交換ができるデジタル名刺。アプリのインストールは不要で、インターネットを通じて登録することで利用ができる。ひな型に会社名や役職、名前などの基本情報のほか、顔写真の掲載、ホームページ、メールアドレスなどのリンク、自由コメントなどを入力する。相手は2bsを利用していなくても、モニター画面に写ったQRコードをスマホで読み込んで取得してもらう仕組み。

 部署異動や役職変更があった場合でも、クラウド上ですぐに修正できるので、紙のように名刺を刷り直す必要がないといったことも特徴だ。企業のほか個人での利用もできる。企業で利用する場合は、相手情報を社内で共有することができるほか、データを営業支援ツールなどに取り込んで活用することも可能だ。ビーズは「名刺を切らす心配もなく、印刷代の節約にもなる。紙の名刺にはウイルスが付着している可能性もあり、非接触の名刺交換はメリットが多い」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社