サステナビリティボンドに投資  持続可能社会に貢献、JARC

 

 自動車リサイクル促進センター(東京都港区、JARC)はこのほど、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)発行の「サステナビリティボンド」に投資した、と発表した。

 サステナビリティボンドは、環境改善や社会課題の解決に資する事業に投資する債券。2018年度から行っている「持続可能な社会の実現」に向けた投資の一環として、20年度は、環境(Environment)や社会(Social)、ガバナンス(Governance)要素も考慮した「ESG投資」としてJRTT発行のサステナビリティボンドを投資先に選んだ。

 このJRTT発行のサステナビリティボンドは、低炭素経済に向けた大規模投資を促進する国際NGO「CBI(Climate Bonds Initiative)」の認証を取得した債券。集めた資金は二酸化炭素(CO2)排出量が少ない鉄道の建設▽船舶の海洋汚染防止などの環境負荷の低減に資する事業▽多くの人が利用できる鉄道の建設▽離島航路の整備などの必要不可欠な交通インフラの整備事業―に使われる。

 JARCは自動車のリサイクルや適正処理の促進に関する各種事業を担う公益財団法人。自動車が使用済みになるまで全国の自動車ユーザーから預かる「リサイクル料金」の管理・運用などを行っている。20年3月末時点のリサイクル料金は約9400億円。

 JARCは「ESG投資が日本国内における資源の有効利用や環境保全に取り組んでいただくきっかけの一つになれば」と話す。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社