創業130周年特別限定醸造ワイン

130年の歴史を味わう 岩の原葡萄園の創業130周年特別醸造ワイン、2020本を限定発売

岩の原葡萄園(新潟県上越市)は、ことしの創業130周年を記念して、「創業130周年特別限定醸造ワイン」を6月20日(土)に全国で新発売する。岩の原葡萄園産ぶどうを100%使用。自家葡萄園の収量制限した畑で完熟させた赤ワイン用ぶどう「マスカット・ベーリーA」と「ブラック・クイーン」、「ベーリー・アリカントA」を、一房一房丁寧に手摘みし、16カ月間じっくりと樽熟成した。2020本の数量限定販売となる。

2017年は、7月から8月にかけて雨天が続き日照が少なかったものの、9月以降は日照時間が多い状態で10月の収穫時期まで天候が安定し、健全で成熟したぶどうを収穫することができたという。原料品種の特徴である豊かな果実味、厚みのあるボディと酸味、凝縮感のある長期熟成タイプのワインに仕上がっている。

フルボディの赤ワイン(1,500ml)で、アルコール分は12%。税別1万5,000円。専用1本木箱入りで、しおり付き。岩の原葡萄園のオンラインストアでも購入できる。

岩の原葡萄園公式HPhttp://www.iwanohara.sgn.ne.jp/

岩の原ワインオンラインショップhttp://iwanohara.shop-pro.jp/

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社