山間部のEV運行効果を検証 金沢工業大に日産EVステーション

日産自動車×金沢工業大学 「NISSAN e-シェアモビ」EVステーション

 

 金沢工業大(石川県野々市市)と日産自動車(横浜市)はこのほど、同大扇が丘キャンパスに日産の電気自動車(EV)ステーションを開設した。

 同ステーションはEV利用の促進を目指す日産のカーシェアリングサービス「NISSAN e―シェアモビ」の施設。NISSAN e―シェアモビ施設の大学設置は全国初だという。

 ステーションにはEV「日産リーフ」2台を6月2日に配備。本年度は約30キロメートル離れた金沢工業大白山麓キャンパス(石川県白山市)への移動などに教職員らが使う。

 EVの環境性能や走行性能、蓄電池の役割などについて乗車体験を踏まえた教職員の講演なども予定している。来年度以降は利用者を一般市民にも開放する。

 金沢工業大は「NISSAN e―シェアモビ開設は、キャンパス間を結ぶ新しい交通ネットワークの形成と教職員の利便性向上を目的に運用を開始するが、今後は、実際に使用した車両の運行データをもとに、過疎地域におけるEVカーシェアリングの効率的な運用の検証につなげることも視野に入れている」と話している。

 日産自動車は「本取り組みを通じて山間部でのEVカーシェアリングの導入効果を検証するとともに、今後の課題・対策を整理しEVカーシェアリングの利用状況結果データをマーケティング活動やサービス拡張に活用していく」としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社