クラウドのセキュリティーを常時監視 ラックがマカフィーの技術を採用しサービス提供

ラック 「セキュリティー設定診断」のサービス構成

 

 IT関連のセキュリティー事業を手掛けるラック(東京都千代田区)は、サイバーセキュリティー企業マカフィー(東京都渋谷区)の診断技術を採用した企業向け新サービス「セキュリティー設定診断」の提供を始めた。

 ネットワーク経由でIT環境をつくるクラウドを導入している企業と、導入を検討している企業向けのサービスだ。ラックやマカフィーによると、企業のシステム構築は、自社の施設にサーバーなどの機器を設置する形態からクラウド環境への移行が進んでいる。一方で、自社設置型とクラウド環境が共存するケースや、複数のクラウドサービスを利用する場合は、システムのセキュリティー設定ミスや、見逃しが原因のサイバー攻撃も発生しているという。さらにシステム開発で機能が追加されるなどの変更に対応して、常時監視する必要が求められるとしている。

 ラックのセキュリティー診断サービスは、クラウド環境の設定に関する診断や、サーバー診断など計3種類あり、今回、新たにマカフィーの診断技術「MVISION Cloud(エムビジョン・クラウド)」を採用した。MVISION Cloudは、日々変化を続けるクラウド環境を常時チェックする“監視カメラ”ともいえる技術だ。クラウドの各種設定状態を1年間、継続的に監視し、安全性の評価や対処すべき問題点を企業側に報告する。アマゾン、マイクロソフト、グーグルが提供するクラウドサービスが対象となる。

 ラックは、MVISION Cloudによる常時監視のほか、クラウド環境とサーバーの設定に関する単発(スポット)の診断も提供している。

 マカフィーは「企業や金融機関でクラウドサービスの利用が進んでいるが、サイバー攻撃などのターゲットもクラウドへ移行している。MVISION Cloudを活用したセキュリティー診断がビジネスの重要な役割を担うはずだ」としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社