2010年醸造のビンテージ紹興酒 宝酒造「塔牌<福2010年>」を発売

宝酒造 紹興酒「『塔牌』<福(フータオ) 2010年>」

 

 宝酒造(京都市)はこのほど、2010年醸造の紹興酒「塔牌(とうはい)<福(フータオ)2010年>」(500ミリリットル)を発売した。

 塔牌<福2010年>は10年の醸造酒のみから厳選。ほかの醸造年の原酒は一切ブレンドしていない。厳選酒の深い香りと丸みのある豊かな味わいが特徴だという。容器はオリジナルの陶製つぼを使い、「甕(かめ)出し紹興酒」の趣向を演出している。

 商品名の「福」は、「福がやって来る」という意味の縁起の良い言葉「福到」にちなむ。宝酒造は「多くのお客様に“塔牌紹興酒”をお楽しみいただきたい」としている。

 アルコールは16度。原材料はもち米、麦こうじ(小麦)、カラメル色素。参考小売価格は税別1000円。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社