オンラインでビジネスのノウハウを交換 スムーがシェアサービス「knowhap」の登録を開始

スムー 「knowhap(ノウハップ)」

 

 ビジネスのつながりを支援するサービスを手掛けるスムー(東京都三鷹市)は、さまざまなノウハウを交換し合うことでビジネス上のつながりをつくり出すシェアリングサービス「knowhap(ノウハップ)」を6月から提供するに当たり、ノウハウの事前登録を5月12日から始めた。

 ・https://knowhap.com

 knowhapは、起業を検討している人や新たなビジネス展開を考えている人が、ノウハウを交換し合うマッチングの役割を持つサービスだ。新型コロナウイルスの影響で、同業や異業種の交流会・勉強会が開催しにくくなっていることから、登録した人同士がオンライン上で情報交換し、関心がある相手のノウハウを参考にしたり、自らのノウハウを提供したりする。

 登録は無料で、「スタートアップの資金繰り」「新規事業で知っておきたい法律」「プレゼンで頭が真っ白にならないための準備」といった提供できるノウハウを登録する。サービス開始後、利用者の参考になるノウハウをスムーが「レコメンド」し、興味があれば相手と直接やりとりする仕組み。重要な情報を得たと判断した場合に、謝礼金を支払うこともできるようにする。

 サービス開始は6月からで、米アップルの基本ソフト(OS)「iOS」アプリで提供する。個人だけでなく、チームで登録することもできる。スムーは「新型コロナで人と直接会って情報交換することが難しくなっているが、knowhapで得たノウハウがきっかけでビジネスを始めることもできるのでは」と話している。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社