転職の“決め手”をAIで分析 立教大とビズリーチが共同研究

立教大学×ビズリーチ 共同研究協定を締結

 

 人工知能(AI)に特化した立教大大学院人工知能科学研究科(東京都豊島区)と転職サイトを運営するビズリーチ(東京都渋谷区)は4月30日から、転職時の決め手となる「価値観」をAIで分析する共同研究を始めた。

 同研究科は国内初のAIに特化した大学院。人材不足が指摘されるAI専門家の育成を狙いに4月に開設。AI研究をビジネスにつなげる「産官学連携」重視を掲げる。今回その一環で、転職ビジネスでAI技術活用の実績があるビズリーチと共同研究の協定を結び、第1弾の研究テーマに転職時に重視される「価値観」を選んだ。

 ビズリーチ保有の大量の転職データを活用し、転職時のキャリア選択における価値観をAIで探る。転職の決め手となる重要指標には、年収や勤務条件など多くの人が一般的に重視する項目だけでなく、「仕事のやりがい」や「社風」など、個人の価値で重視度が異なる項目もある。

 今回の共同研究では、立教大大学院人工知能科学研究科が力を入れる「深層学習の先端研究」を生かし、AI解析が従来難しいとされていた、個人の価値に左右される「定性項目」のAI解析に挑戦する。

 同研究科は「ビズリーチとの連携によって、高度なAIの社会的活用を早期に実現していきたい」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社