勤労者の生活支援の特別融資開始 新型コロナで全国13の「ろうきん」

全国労働金庫協会 「勤労者生活支援特別融資(無担保)」

 

 全国労働金庫協会(東京都千代田区)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入が減少した会員組合員の生活支援のため、全国13の「ろうきん」で勤労者生活支援特別融資(無担保)の取り扱いを始めた。

 対象者は新型コロナウイルス感染拡大の影響による収入減少や、離職で生活資金が必要な会員組合員。事業資金や投資目的は対象外となる。

 融資金利は年1・5%(固定金利、保証料込み)。融資限度額は生活資金100万円以内、教育や住宅資金を含む場合は300万円以内。融資期間は、生活資金が10年以内、教育資金が20年以内、住宅資金が25年以内。2年以内の元金返済据え置き(元金返済を据え置き、利息支払いのみ)が可能だ。

 取扱期間は2021年3月末まで。問い合わせは取引のあるろうきんや、近所のろうきんへ。全国のろうきんは、https://all.rokin.or.jp/info/list.html

 詳細は中央ろうきんホームページ。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社