24時間365日営業を 店舗体験型ウェブサイト制作

タッグ 「Mirai_Lab」のVRで制作した体験型ウェブサイト

 

 タッグ(東京千代田区)は、博物館や水族館などの展示や各種店舗、催事会場の様子を臨場感たっぷりに体験できるウェブサイトの制作を始めた。

 この「体験型ウェブサイト」は同社独自の特許技術を使って制作。新型コロナウイルス感染防止のため展示施設や各種店舗の営業自粛、各種イベントの開催自粛が続く中、事業のオンライン展開に活路を見いだす事業者を後押しする狙いで開始した。

 体験型ウェブサイトは展示物や商品を高解像度で撮影した写真などで紹介するほか、特徴やコンセプトの効果的な訴求も行う。VRゴーグルなどの道具は不要。インターネットの接続環境さえあれば、自宅にいながらにして気軽に「現場」に行った感覚が味わえる、という。

 サイト内で有料コンテンツを展開し課金することも可能だ。営業自粛に伴う実店舗・施設の「収益減」をサイト上の物販で補う「コロナ対策ツール」の一つとして、自粛を余儀なくされている事業者へ利用を促したい考えだ。

 同社は「仮想空間で24時間365日“営業”することが可能だ」としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社