休校中の高校生に自宅で無料オンライン講習 ナガセ、緊急事態宣言受け開講、小中学生も実施へ

東進ハイスクール・東進衛星予備校 「自宅オンライン講習」

 

 高校生向けの予備校、東進ハイスクールや東進衛星予備校を運営するナガセ(東京都武蔵野市)は、新型コロナウイルスの感染拡大で学校が休校になり、学習意欲があっても学校に行けない高校生を応援しようと、普段、予備校で実施している授業内容を無料で受講できる「自宅オンライン講習」を始めた。

 講習は、テレビにも出演が多い林修氏ら東進の講師陣によるオンライン授業で、英数国理社の計5教科34講座の中から2講座を選択。1講座90分を5回、自宅のパソコンやスマートフォンなどで受講できる。申し込みは5月21日までで、受講は5月31日まで。対象は全国の高校1~3年生。4月10日から申し込みが始まっており、既に1万人以上の受講生が授業を受けているというが、オンラインなので募集定員はない。東進ドットコム(www.toshin.com)から申し込む。

 東進ハイスクールなどは、すでに教室や自宅で動画によるオンライン授業を実施しており、通常の受講料は1講座1万9250円(税込み)、2講座3万8500円(同)。

 また、今回の受講者は東進が毎月実施している各界著名人による講演会を「トップリーダー講座」としてオンライン受講できる。講師は藤崎一郎・元駐米大使や競泳日本代表ヘッドコーチの平井伯昌氏らで、週替わり(毎週火曜)で講師が登場する。

 緊急事態宣言が全国に広がり、小中学校も多くが休校していることから、ナガセは新たに、グループ会社で小学生向け学習塾を運営する四谷大塚(東京都中野区)と小中学生を対象にオンライン講座を無料で実施する。小中学生向けは、申込期間が4月21日~5月31日。小学生は四谷大塚の算数1講座、中学生は東進の数学、英語の各1講座を受講できる。小学生は四谷大塚ドットコム(https://www.yotsuyaotsuka.com/)、中学生は高校生と同じ東進ドットコムから申し込む。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社