VAIOがドローン事業の新会社「VFR」設立 パソコン技術生かし、開発、製造、販売、修理まで一貫サービス

VAIO 子会社「VFR株式会社」設立

 

 ソニーのパソコン事業が独立したVAIO(バイオ、長野県安曇野市)は、無人小型機ドローンの開発から販売、修理などを一貫して手掛ける子会社VFR(東京都品川区)を3月に設立し、4月9日から営業を始めた、と発表した。

 VAIOは、パソコンやロボットの製造・販売事業のほか、2018年からドローン事業に参入していた。特に産業用ドローンは国内だけでなく、世界的な市場拡大が見込まれていることから、VAIOの技術を生かして本格的に事業展開するのが狙いだ。

 VFRは、ドローンを活用して事業を行う企業などを対象に、用途別に企画・設計を提案するほか、製造や販売、保守、点検、修理など顧客に合わせたサービスを提供する。社長にはVAIOの留目真伸(とどめ・まさのぶ)CINO(Chief Innovation Officer)が就任した。

 VAIOによると、日本の産業用ドローン市場は2025年までに6400億円を超える規模に成長するという。これまでにパソコンなどで培った技術を使い、ドローンの受託製造サービスで実績を積んできた。2019年11月からは中国の産業用ドローン大手、科比特航空科技(MMC)と共同事業を検討しており、VFRで協業を実現することもあるとしている。

 ソニーのノートパソコンブランドだったVAIOは2014年に独立、個人や法人向けのパソコン事業や、長野県安曇野市の本社工場で電子機器の受託製造(EMS)、ロボット開発などを手掛けている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社