家飲みでハイボール、まだまだ“伸びしろ”も 酒文化研究所がアンケート、「よく冷やす」が定番

酒文化研究所 「Wハイボールをおいしくするための工夫」

 

 外出自粛で「家飲み」が増えている。家で飲むのはビールか焼酎が定番だろうが、最近はブームのハイボールを家で飲む人も多い。酒文化研究所(東京都千代田区)は、酒好きほぼ100人に聞くアンケート「酒飲みのミカタ」シリーズで、今回は「ハイボールをおいしくつくるコツ」を聞いた。

 調査は319日~327日、インターネットで行い、ウイスキーハイボールを飲む109人が回答した。

 ハイボールをどこでどんな頻度で飲むか聞いたところ「自宅で時々」が49%、「自宅でよく飲む」が35%。「料飲店で時々」が37%、「料飲店でよく飲む」が32%で、どちらも「時々」の方が多く、まだまだ伸びしろがあることが分かった。

 また「最初の1杯目から」は16%に対し「2杯目以降」が37%だったことから、やはり最初は「とりあえずビール」派は多いことをうかがわせた。

 自宅でおいしいハイボールをつくるコツについては「ソーダをよく冷やす」「強炭酸のソーダを選ぶ」が、どちらも54%で最も多かった。次に多かったのが「ロックアイスを使う」(38%)で、ハイボールは、よく冷やして飲むのが酒飲みの定番のようだ。

 そのほかには、ウイスキーの濃さやシングルモルトにするといったベースウイスキーのこだわりのほか「かんきつ類を使う」という声も多く寄せられた。レモンスライスを入れたり、ユズやカボスなどを切ってグラスの縁に添えたりすることで、自宅でもバーなどで飲んでいる雰囲気を味わっているようだ。

 ハイボールがおいしい乾きものとしては「ミックスナッツ」「ビーフジャーキー」「スモークチーズ」などが多かった。調査担当者は「新型コロナウイルスの影響で景気が悪化し、酒飲みも節約が求められる。家でハイボールをつくる方が、ビールなどよりもリーズナブルな飲み方とも言えるので、今後伸びていくのではないか」と話している。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社