認知症ケアのヒントが見つかるサイト「あんな こんな」開設 SOMPOケア、介護する家族にアイデアを提案

SOMPOケア 認知症ケアのヒントがみつかる「あんな こんな」

 

 介護事業を手掛けるSOMPOケア(東京都品川区)は、自宅などで認知症がある家族を持つ人向けに、ケアに関するさまざまヒントを提供するサイト「あんな こんな」を開設した。

https://www.sompocare.com/annakonna/index.html

 同社がこれまで介護事業を通じて、認知症がある人の日常生活で生じる行動面の困り事や不安などについて、経験に基づく独自のアプローチからヒントを提供している。

 例えば「貴重品の指定席」では「大事なものをなくしてしまうと、不安になり、自分や家族を責めてしまう人がいます」と指摘。「鍵はキーリングをつけて持てるように。説明書を添えた鍵おきばがあると、いつも同じ場所にしまえるため安心です」とアドバイスしている。

 「エアコンに風よけ?」では「どんな暑い日でも寒い日でもエアコンを消してしまうのは、カラダにあたる風を不快に感じているからかもしれません」と直接風が当たらないように、吹き出し口に風よけのカバーをすることを提案している。

 また、どんなヒントが掲載されているかを探しやすいように「ヒントをカテゴリーで探す」をクリックすると「食事」「お風呂のこと」「睡眠」といったカテゴリーが表示され、「睡眠」を選ぶと「おひさま加減」で遮光カーテンの提案、「しっくりする向きはどっち?」でベッド位置の調整などの提案にたどり着くようになっている。

 SOMPOケアは「認知症の高齢者は年々増加しており、認知症は身近なものになっている。寄り添っていく家族が負担なく介護ができる情報を今後も提供していきたい」としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社