兵庫県の“淡路島なるとオレンジ”が自販機になった? オレンジの香りが周囲に噴霧される機能付き

ダイドードリンコ 「“淡路島なるとオレンジ”の香りを届ける自動販売機」

 

 ダイドードリンコ(大阪市)はこのほど、自動販売機による地域活性化策として、兵庫県南あわじ市の農畜水産物直売所「美菜恋来屋(みなこいこいや)」の観光案内所前に、「“淡路島なるとオレンジ”の香りを届ける自動販売機」を設置した。4月中を目途に計10台を島内の公園などの各施設に順次設置するという。

 今回の企画は、生産者の高齢化などにより生産量が年々減少し、絶滅の危機に直面している淡路島原産・固有のかんきつ類である「淡路島なるとオレンジ」を、自販機で復活させたいという思いから実施したとしている。

 自販機の外観は「淡路島なるとオレンジ」をモチーフにしたオリジナルラッピング。商品購入の有無にかかわらず、自販機の芳香機にあるボタンを押すと周囲に“淡路島なるとオレンジ”の香りが噴霧される機能が付いている。

 ダイドードリンコは、「自販機をご利用されるお客に、飲料を購入する以外の楽しみを提供することで、地域の活性化に貢献していく」としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

NY株、続伸

【ニューヨーク共同】28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株…

地域

政治・国際

株式会社共同通信社