世界に誇ろう日本の水道水 クボタのLOVE水プロジェクト

 

 水道用鉄管の量産化に日本で初めて成功したクボタ(大阪市)は、日本の水道水をたたえるWEB動画を公開した。

 水道水や水インフラを支える自治体職員への関心を高めてもらう同社の取り組み「クボタLOVE水プロジェクト」の一環。アイドルグループ私立恵比寿中学(エビ中)が、音楽プロデューサーのヒャダインさん作曲の歌「Sweet of Sweet~君に届くまで~」を披露している。再生回数100万回突破を記念し、エビ中メンバーのインタビューなどを収録した動画も併せて公開した。

 エビ中はダンスを披露し、水源などでが異なる全国5カ所の水道水の「個性」や、水道水を日夜モニターしている自治体職員の存在に触れながら、軽快なメロディーに乗せて「ありがとう 水道水 世界に誇ろう」などと歌っている。

 家の蛇口をひねれば水が出る日本。日本ではごく当たり前の光景だが、世界ではそうでもない。日本のように豊富な水源を持たない国もあるし、水道事業を民営化したため水道代が高騰し、多くの人に水が行き渡らなくなった国がある。

 「ありがとう 水道水 世界に誇ろう」といつまでも言えるためにも、一人でも多くの人がいまある日本の水道水の有難さを知る必要がありそうだ。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社