子育て支援に本腰! 大分県豊後高田市

大分県豊後高田市 「全国トップレベルの子育て支援」

 

  大分県豊後高田市は人口増を目指し子育て支援に力を入れている。

 これまで高校生までの医療費や幼小中給食費、幼保の保育料・授業料の無料化、4人目の子どもの誕生を祝う子育て応援誕生祝い金制度(最大100万円)などを実施しているが、4月から、さらに子育て支援策を充実させる。

 目玉は、高額になる妊産婦医療費の無料化だ。妊産婦の自己負担額を助成し、若い世帯が安心して子どもを産み育てられる環境を整える。対象は市内に住民票がある健康保険加入者となる。助成期間は母子健康手帳交付月の翌月初日から出産日の翌月末日まで。

 さらに、①4種混合(不活化ポリオ・三種混合ワクチン)の定期接種(4回)終了児童の追加接種費用(1回分)の助成②保育人材の安定確保のため、保育士など保育スタッフ賃金を1人当たり年4万円程度アップさせた市内保育園への助成(待遇改善費の2分の1を助成)③市内の生後6カ月から就学前児童を一時、預かる子育て支援施設「花っこルーム香々地(かかぢ)」での受け入れ開始④保健師や専門相談員を配置した新たな子育て支援ワンストップ窓口の開設―など充実した支援策を展開する。

 市内全小中学校にiPad(タブレット端末)と無線LANを配備するなどIT教育でも全国に先駆けるとしている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社