ミルククリームと洋酒のマリアージュ 明治から洋酒チョコレート2種が登場

明治 「エムズバーラムオレ」

 

 明治(東京都中央区)は3月31日に、洋酒チョコレート「エムズバーラムオレ」と「エムズバーブランデーオレ」を発売した。参考小売価格は、どちらも税別200円。

 「エムズバーラムオレ」は、ラム酒パウダーを混ぜたミルククリームに、ラム酒漬けレーズンを絡ませ、ミルクチョコレートで包み込んだ。「エムズバーブランデーオレ」は、ブランデーパウダーを混ぜたミルククリームに、蜜漬けオレンジピールを練り込み、ミルクチョコレートで包んだという。

 明治は2品について、「かんだ瞬間、洋酒の香りが広がり、ミルククリームと洋酒のマリアージュが楽しめる。また、そのまま食べるのはもちろん、冷やして食べてもおいしく、チョコレートのパリッとした食感とスッキリした味わいを楽しんでほしい」としている。

 また、「エムズバーラムオレ」と「エムズバーブランデーオレ」の発売に合わせ、東京・青山の本格バー「Top Note」と、銀座の「Bar武蔵」の2店で「エムズバー」と相性が良いとされるオリジナルカクテルを注文できる、コラボレーション企画を実施する。企画は、4月1日~6月30日の期間限定。

 さらに、「エムズバー」のブランドサイトでは、バーテンダーお勧めのオリジナルカクテルのレシピを3月31日から公開している。

 

 ・「エムズバー」ブランドサイト:http://meiji-msbar.jp#barcollab

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社