スターバックスのチルドカップシリーズから新商品 春の訪れをイメージしたスイーツラテ

「スターバックス ストロベリークリームラテ」

 

 スターバックス・コーポレーション(米国 シアトル)とサントリー食品インターナショナル(東京都中央区)は、スターバックスのチルドカップシリーズから「スターバックス ストロベリークリームラテ」を、全国のコンビニエンスストアで4月7日から期間限定で発売する。200ミリリットル入りで、希望小売価格は税別200円。

 「スターバックス ストロベリークリームラテ」の特徴は、スターバックスが厳選したダークロースト豆のコーヒーに、バニラクリームとカスタードクリームを混ぜたミルクや、イチゴの香りを合わせたことだという。

 また、商品のパッケージは「イチゴの華やかな香りに、コーヒーとクリームが溶け合うイメージ」をデザインし、春の訪れを表現した。「春の華やぐ気分にぴったりのぜいたくなスイーツラテ」だとしている。

 2社は今回の商品の発売を通して、「新たなユーザーを獲得するとともに、チルドカップ市場におけるポジションをより強固なものにしていきたい」という。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社