プレーンヨーグルトとフルーツソース、2層のハーモニー 「明治ブルガリア」シリーズから3品発売

「明治ブルガリアヨーグルト LB81 Fruit on the Bottom プレーンと白桃」

 

 明治(東京都中央区)は、「明治ブルガリア」ブランドから「明治ブルガリアヨーグルト LB81 Fruit on the Bottom プレーンと白桃」と「同 プレーンとオレンジ」の2個タイプを、3月30日に発売する。また、翌31日に「プレーンと白桃」の1個タイプも発売する。いずれも希望小売価格(税別)で2個タイプは170円、1個タイプは120円。

 2種類の商品はどちらも、上層が甘みをつけていないプレーンヨーグルト、下層はプレーンヨーグルトと相性がよく、味や食感を楽しめるというフルーツソースの2層になっている。

 今回の商品には、発酵する際にヨーグルトの水分がフルーツソースに移行してヨーグルトが濃縮される“発酵中濃縮製法”が採用されている。これにより、ヨーグルトの濃厚感やコクのある味わい、滑らかな食感のほか、 LB81乳酸菌を使用したさわやかな風味のプレーンヨーグルトとフルーツのコントラストも楽しめるという。

 「明治ブルガリア」ブランドは、1973年に「明治ブルガリアヨーグルト」発売して以来、本場ブルガリアの正統な味わいを伝えるヨーグルトシリーズとして、多くの消費者に好評だという。

 明治は「今回の商品の発売を通じ、『明治ブルガリア』ブランドの拡大と、ヨーグルト市場の活性化を図っていく」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社