クックビズ、飲食店の求人情報を無償で提供 新型コロナウイルスで店舗の人手不足を支援

クックビズ アルバイト求人掲載枠無償提供

 

 飲食・フード産業に特化する求人サイトを運営するクックビズ(大阪市)は、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている飲食店を支援するため、3月18日から求人サイト「クックビズ」でアルバイト求人の無償掲載を始めた。

 通常は期間に応じて有料のところを、1社当たり2枠のアルバイト・パート求人を無償で掲載する。専用フォーム(http://bit.ly/2TQzuMO)で申し込みを受け付け、2020年5月31日まで掲載できる。

 クックビズが2月に行った「新型コロナウイルスについての実態調査」で、5割以上の飲食店が「売り上げに影響が出ている」との回答があった。その後、小中学校などの一斉休校もあり、急な欠員が出て人手不足になる状況にもなっている。

 一方で、求人サイトを利用する求職者にとっても、来客数の減少や店舗の営業時間縮小などで勤務日数が減り、収入減になるといった影響も出ているという。

 クックビズは「食に関わる人材募集のハードルを下げ、アルバイトをする側と求める側の双方を支援したい」としている。

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社