飲食店向けにジョルダンが三つのサポート企画を実施 グルメサイト「美味案内」新規契約キャンペーン

ジョルダン 「美味案内」販促サポート企画

 

 交通情報の提供を手掛けるジョルダン(東京都新宿区)はこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大で、宴会のキャンセルや来店客の激減などの大打撃を受けている飲食店に向けて、負担を軽減するために三つの販促サポート企画を展開し始めた。企画はいずれも、ジョルダンが運営するグルメサイト「美味案内」内で実施する。

 一つ目は「新規契約3カ月無料キャンペーン」。3~4月の申し込みに限り、4~6月の掲載料を無料とする。7月以降は有料となる。

 二つ目は「既存契約店、掲載料支払猶予受け付け」だ。既存の契約店に対して、3~5月中のサイト掲載料の請求タイミングを、通常の翌月末から4カ月後の末日払いに延長できるというもの。例えば、3月分は7月末払い、4月分は8月末払いとすることができる。

 三つ目は、「スマートオーダーを使ったテークアウト特集の実施」。外食が控えぎみとなっている状況下で、通常利用の来店客が見込めない店舗に向けた企画となる。ジョルダンが開発中のスマートオーダーシステムを用いて、テークアウトのニーズが取り込める特集を実施する。「家飲みでもいつもの店のメニューが食べられる」をテーマに、サイト内の特設ページでの紹介、路線検索サービス「乗換案内」との連携により「少しでも売り上げに貢献できるようにサポートする」としている。

 「スマートオーダー」とは、利用客のスマートフォンにメニューを表示し、閲覧から注文、決済まで可能な電子メニュークラウドサービスだ。

 

 ・美味案内ホームページ:https://bimi.jorudan.co.jp/

 

あなたにおススメの記事

関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社