山形県初のご当地サーモン「ニジサクラ」登場 サクラマスとニジマスのハイブリッド

山形県 「ニジサクラ」の名称を発表する吉村美栄子知事

 

 山形県は、県内初となるご当地サーモン「ニジサクラ」を、このほど披露した。

 「ニジサクラ」は山形県の魚である「サクラマス」と、県が養殖発祥の地の一つだという長い歴史を持つ「ニジマス」を組み合わせた魚だ。県の内水面水産試験場が中心となり開発され、現在は、県内の三つの民間養殖場で試験養殖されている。

 山形県は今回のサーモンの特徴について、「ニジマス」並みに育てやすく成長の良い大型マスであることや、身の色はサーモンピンクで適度に脂が乗り、「サクラマス」の上品な食味を併せ持ったことなどを挙げている。

 今後は養殖業者や飲食店などと連携して、生産拡大とブランド化に取り組み、2022年度の本格デビューを目指す。

 山形県は、全国でご当地サーモンがブーム化しつつある中でも、「ニジサクラ」は高級食材としての強いブランド力を持つことなどから、「先行県と十分に差別化できるものと考えている」としている。

 

あなたにおススメの記事


関連記事

スポーツ

ビジネス

地域

政治・国際

株式会社共同通信社